スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲[--:--:--] | スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:- 

2007年03月11日

The Trojan Women ~トロイヤの女たち~

現在、学部で公演中の舞台を昨日観た。
今日は案内係(usher)をやった。(つまり二回観た)

「THE TROJAN WOMEN」(トロイヤの女たち)

悲しいお話だった。。。

登場人物が嘆きっぱなしの泣きっぱなし。
観客も泣きっぱなし。
私も泣きすぎて、疲れた。

最初観た時、なんじゃこりゃーと思った。
救いのない話、好きじゃないのよね。

でも今日もう一回観て、

込められたメッセージの中に、

希望を感じることができた。

ちょっとほっとしたけど、、、

でも私なら(ちょっと大それた発想ですが。。)、
もっと違うやり方で同じメッセージを伝えたいなぁ。。


なーんて思った夜でした。




20070311005941.jpg 20070311005924.jpg

演技クラスで一緒のスティーブンくん。めちゃ童顔だけど、高校生じゃないよ。一応二年生。「YOKKOがお芝居するのを観てるのが大好き!」と言ってくれたとってもかわいい男の子♪今日は一緒に案内係をやったのだ。


今日も一押御願いします!


「トロイヤの女たち」

知ってる人も多いと思うけど、
ギリシャ悲劇の一つ。
(ギリシャの壮大な叙事詩。超巨編。この話はその中の一つ。)


その昔キャサリーン・ヘップバーン主演で映画化され、
最近では、「トロイ」という映画(ブラット・ピッド主演)でちょっと話題になった、ギリシャ悲劇。
日本でも一度蜷川幸雄演出で、壮大な「グリークス三部作」を一日9時間以上かけて上演したことがある。(ちょっと観たかったなぁ~)


そのギリシャの有名な戯曲をもとに、設定だけ現代に持ってきて(今戦争が起きてる中東地域に架空の都市「トロイ(ヤ)」を置いたって感じ)

上演したのが、オレゴン大学版「トロイヤの女たち」


簡単に状況設定を説明すると、、(知りたい人だけ読んでね。)
映画「トロイ」でご存知の通り、トロイの王子パリス君が、お隣ギリシャの人妻絶世の美女へレナさんに惚れちゃって、トロイに連れ帰ってしまうというのが発端。そこから10年に渡って戦争が繰り広げられ、最後に「トロイの木馬」にギリシャ兵が潜み、トロイの中心部まで攻め込み、町を陥落。ヘレナをこよなく愛するギリシャの王子はヘレナを奪還。トロイの男たちは皆殺し。女たちは捕らえられる。
でもってその残された女たちは女王の下に集まり、嘆き悲しむ。
というところから物語がスタートするのが、「トロイヤの女たち」。
あ、ちなみに「トロイ」なのか「トロイヤ」なのかはどっちでも良いみたい。発音の聞こえ方よね。ちなみに私は「トロイャ」と聞こえた。



つまり、全編、女たちが嘆き悲しむお話。。。。。

最初、なんの情報も持たずこの舞台を観た。
びっくりした。
だって、登場人物のうち、必ず誰かが泣いてるんですもの。


一生懸命救いを探してたけど、
これでもか、これでもかというくらい、
どんどんどんどん悲惨になる。

一体全体なんの目的でこれを上演したんだ~~~という
怒りまで込み上げてきたほど。
観終わったあと、泣きすぎて悲しすぎて
疲れて立てなかった。

プロデューサーの方や演出家の方(教授陣)とは両人とも女性で、
お二方とも、そりゃあ素敵かつ情熱的な人たち。
(ちょこっとだけお話したことがある。)
私が単にあほで込められた大切なメッセージが読めないだけなのかなーって自分を疑った。

あんまり悲惨な気持ちになったから、
家に帰ってからインターネットで「トロイヤの女たち」と「グリークス」について検索。(なにか救いを探したのね。)

分かった。すっごく名作なんだということは分かった。
でも観客を悲しい気持ちにさせるだけの作品は納得いかない。。
なんで人は「悲劇」が好きなんだろう?
「喜劇」の方がいいじゃん。
「ハッピーエンド」の方が暖かい気持ちになれるじゃん。
「希望」は必要!
って信じてる私としてはまったくもって納得いかない。

で、今日また観て、一生懸命理解しようと勤めてみた。

で、ラストの台詞。
これでもかこれでもかというくらい打ちのめされ、嘆き悲しみまくった後、トロイの女王がギリシャに他の女たちと連行される時、
彼女がぽつり。

「We must go」(行かなければならない。)

この言葉に私は少し希望を感じて、メッセージを感じた。
「生きていかなくていけない。」って私は感じた。

分かる、分かるけど、
やっぱり悲劇過ぎる悲劇はやだ。
観客の気持ちを辛くしてまで、伝えるものって。。。
お芝居はとっても良かった。
とってもリアリティがあった。
本当に彼女たちは嘆いていた。
でも現実味があればあるほど、、、悲しい。
生の悲しみが伝わってきちゃうんだもの。。。

この同じ戯曲で喜劇にできないのかなぁ。
なんてそんなことをふと思ってしまった。


何故人は悲劇が好きなんだろう?

わからない。





20070311005856.jpg 


20070311005814.jpg spring2.jpg

春ですね~~。ユージーンも春です。






スポンサーサイト

▲[17:34:30] | イベント | コメント:4 | トラックバック:0 

コメント一覧

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/11 20:16:45 | | -


なんだか、役者のブログになってきたね。充実してる感が伝わってきました。
トロイの話そうゆう物語りだったんだね。勉強になった♪
 

2007/03/11 23:23:50 | URL | イケダトモ

トロイ
トロイアの女たちとトロイが同じとは知りませんでしたしトロイも未見なんでトロイの木馬の印象しかありませんね。歴史はどうしても女性につらくなってますね。これからは逆転するかも?「ゴーストライダー」観ました。まぜかニコラスケイジがヒーローに。サムエリオットやピーターフォンダのようなオールドネームも登場して理屈抜きの映画でしたね。

2007/03/12 13:47:23 | URL | タダシ


イケダトモ、
学生やってる=って感じがめっちゃする♪トロイの話は私も勉強になったわーー。春休みに映画「トロイ」でも観てみようかなーって思ってる♪

タダシさん、
理屈抜きの映画っってとこに興味が沸きますねーーー。なんにも考えずに見ることができそうで良いですねーー。今そういう映画見たい心境です。^^;(なにせトロイが重いから。。。)

2007/03/16 22:40:52 | URL | YOKKO

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • スポンサーサイトThe Trojan Women ~トロイヤの女たち~のトラックバックURLはこちら
  • http://eugeneyokko.blog32.fc2.com/tb.php/71-ce5988bb
カレンダー
09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー一覧
月別記事
リンク
サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。