スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲[--:--:--] | スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:- 

2008年01月21日

I have no choice~やるしかない!~

先週大きく感じることが二つあった。。

1、
あーだこーだ言っても、
一日24時間。
一週間は7日。
自分はサイボーグではなく人間だから、
時には寝なくてはいけないし、
食べなくてはいけない。

こころだって疲れちゃうから気分転換だって必要。
体もなまっちゃうから運動も必要。
そして人との交流って大事。

そんなことを感じさせた原因は、、、

風邪をひいた。。。久々に。
(詳しくは追記で。)


2、
みんな頑張っている。
一生懸命生きている。
より良い世界を創ろうと取り組んでいる。
その中でも本当に僅かの人たちが、
人々の為に自分の時間を削って親身に働いている。

なのに、時々そういう人たちに不当なことが起こる。
世の中のやるせなさを感じた。

その原因は、

大学で留学生の生活全般をよりよくしようと取り組んでいる職員、Dr.Magid(マジッド)とkathy(キャシー)が突然の解雇。
理由は新しい留学生事務所のボスが自分と将来ヴィジョンが違う言う理由。(話し合いも前フリもなし。)

納得がいかない。

いろんなことが一気に起きている今日この頃。
私のやるべきことは目の前にある。

やるしかないのだ。

思いっきり前を向いて、楽しんでやろう!



J308b2.jpg J308b5.jpg

今すっかりなんちゃって殺陣師&振付師の私。。。ちなみに一人を除いて(JSO代表のともくんは居合い道経験者。)全員最初はまーーーたくの素人。体育でちょっとやったかなという程度。でも男の子だねーー。好きこそものの上手なれの言葉通り、楽しんでやっているうちにみるみる上達!今じゃみんな普通に受身がとれる!なかでも凄いのはゆうすけくん(写真で袴きている男の子)!袴にしたって手に取るのも初めてなんだけど、一度袴のはきかたやたたみ方等を教えたらすーーっと自分のものにしてしまった!オープニングダンスの中には武道の動きを混ぜたり、日本舞踊や歌舞伎にある型を入れて決めポーズを作ったり、実はアフリカンダンスやYOGAの動きなんかも入れちゃってるのよねん♪


今日も一押御願いします!


食べすぎが原因で腹風邪から発熱。。。。(あほや)
でもま、そんな時、ルームメイトたちの存在に助けられた。
いつもはあーうるさいなーと感じることが多いのだけど、
風邪で寝込んでると逆に人の多さに癒された。

一人でうんうん唸って熱と眠りをさ迷いながら、
みんなの話し声を聞いていると、
自分は一人じゃないなと感じてちょっとじーーん。

解熱剤をもらいにお向かいの部屋のカエルくん(アメリカ、メリーランド出身)や斜め下の部屋のジュリー(アメリカ、ワイオミング出身)の部屋に行ったり、キッチンではセシー(メキシコ出身)やダンカン(アメリカ、フロリダ出身)、マイク(フィンランド出身)と風邪について話をし、遠くからはパコ(メキシコ出身)とマルコ(スペイン出身)の調子はずれの歌が聞こえてきたり。
いつもならいい加減にしろーーといいたくなるクラウデイアとロミオ(あだ名はリック。)のバスルームからのラブラブいちゃつきトーク(ちなみにバスルームは私の部屋の隣。よってすべて丸聞こえ)すら、「人がいるって素敵。。。」と感動に変わるほど(笑)

熱がでると人間弱気になるよねーー。(笑)
しっかし、学校始まって二週目ですでに体調崩すとは。。。。先が思いやられるなーー。

二つ目の話は本当に複雑な気持ち。
と同時に大学内の学閥争いというか、権力闘争というか、そういうものの一端を垣間見た気持ち。確かに、新任ワンマンボスによる無力な職員の突然解雇というのが結果的に私たちに伝わってきた話なんだけど、ボスにしたって、なんの「力」もない普通の職員を辞めさせる意味がないと思う。Dr.Magidは長年オレゴン大学に勤め、とても人望があって、ユーモアがあって、私たち留学生一人一人にとても親身に接してくれている。Dr.Magidを支持する人たちはとても多い。ということはこれは「力」になり得る。(ちなみに私が奨学生になれて、この大学に残ることができたのはMagidが私を認めてくれたことがとても大きい。)
毎日毎日東に西にキャンパスを動いて、もっと良くしようしようと取り組んでいる熱心な教育者の一人。生徒の間でもともに働く人の間でも人気が高い。なのに、新任のボスからの突然の解雇。前任のボスからはとても信頼されていたと聞く。。。
事実は分からない。でも、、、分かっていることは新任のボスはMagidを気に入らなかったということ。衝突はなかったと聞いてるけど、、、、、実際は水面下であったのかもしれない。
どちらにせよ、十分な理由も、話し合いもないまま一方的な解雇処分は横暴だと思う。
こんなことがまかり通るようでは誰も上に意見なんて言えないのではないだろうか?

アメリカ社会の理想と現実を少し感じた。


追伸:ちなみに今学生間でこの不当解雇の撤回を求める運動が起きはじめている。
興味のある方はmixiのコミュニティ、オレゴン大学同窓会を覗いてみてくださいな。私も一言書き込みました。


☆残りの写真館☆
今週の練習風景ーー
J308b1.jpg J308b3.jpg J308b4.jpg
スポンサーサイト

▲[21:07:40] | 生活 | コメント:3 | トラックバック:0 

コメント一覧

がんばってや。
大変ですが前を向いていくしかありませんね。僕も企業で働いていますがそれは納得のいかないことばかり、でも皆同じがんばっていきまっしょ。「再会の街で」って映画見ました。アダムサンドラーとドンチーチルの映画、彼らも愛するものを亡くしたり、現状を受けいりがたい人達のお話。結局はやるっきゃないすけどね。まあお互いがんばりましょう。

2008/01/23 14:03:31 | URL | タダシ

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/01/25 20:52:46 | | -

お返事。
タダシさん、
アダムサンドラーいいですよね!!でも本当にそうですよね。現実に立ち向かっていかないと!そういう世の中を変えていきたいです。

K-さん、
どこの世界もあるよね。そういうことに直面すると怒りがどかーーん!となってしまうよ。まぁ昔ほど直情ではなくなった(はずな)ので、落ち着いて何が起こっているかをみられる感じ。でもそういう世の中、変えていきたいね!

2008/01/28 23:59:10 | URL | YOKKO

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • スポンサーサイトI have no choice~やるしかない!~のトラックバックURLはこちら
  • http://eugeneyokko.blog32.fc2.com/tb.php/111-00cd58f3
カレンダー
07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー一覧
月別記事
リンク
サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。