スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲[--:--:--] | スポンサー広告 | コメント:- | トラックバック:- 

2007年11月19日

The Threepenny Opera ~三文オペラ~

今週「三文オペラ」を観た!!

今学期のうちの学部のメイン公演!

私はコスチュームスタッフとして日夜(嘘、昼間のみね)働いたから、
その作った衣装がステージの上で観れるのってとっても嬉しかった!

前日二時間睡眠なんのその!
少しも眠くならず最後まで釘付け!

半分位はクラスメイトで知ってる顔がちらほらと
いつもはたいてい一人で行く学部の公演。
今回は一緒に来てくれた仲間(7人)がいて楽しかった!
(みんな忙しいのに来てくれてありがとう!!!)


周りに座ってる人も
舞台に出てる人も

一体感のようなものを感じる。

あの一体感を感じる度に、
自分が選んだ道に幸せと充実を感じる。

舞台、好きだなぁ。


20071119184552.jpg 20071119184644.jpg

今日も一押御願いします!
やーーーーっと観れた!
名前は知ってたけど実はちゃんと観るのはこれが初めて!()苦笑

音楽劇「三文オペラ」作ブレヒト 曲 K.ワイル

日本でも良く上演されてますが、これはイギリスの劇「乞食オペラ」の翻案。
盗賊の親分と乞食の親分の娘が恋に落ちちゃって結婚するところから物語はスタート。
でもって最後は成り上がっちゃうっていう当時のブルジョワ社会を通説に批判した社会風刺作品なんですが、、、

今回の演出をしたジョセフ(演出部の教授の一人)と幕間に話したとき、
彼曰く、「銀行マンも弁護士も、乞食も盗賊も、結局のところお金を扱うっていう点では同じでしょ。それが言いたいんだよね!最後はびっくりするよー!」と。


正直、台詞をきちんと聞き取れていない私としてはそんな難しい部分までは劇を見ながら感じる事はできなかったけど、
最後は確かにびっくりした!


だって(ネタバレ注意!)、死刑宣告を受けてる主人公マックが、死刑台に上り詰めて、
悲しみの歌を披露し、
彼の奥さん(彼女の両親がマックを警察に売り渡したんだけどね。)、
情婦1号、
情婦2号(娼婦:この人がマックを警察に売ったんだけどね。)
と出演者全員が悲しみに暮れてる時に、

いきなしビクトリア女王の戴冠式のために恩赦がおりちゃって、
罪が許されるどころか、
貴族のタイトルもらっちゃって、
お金までもらえてしまうという、
ぜーーーーったいあり得ないようなハッピーエンド!


うーーーーん、これを1928年のドイツ(第一次大戦と二次大戦の間;ブルジョワ社会)で上演したのかーー。確かに問題になるわーー。だってこのブレヒトさん国追われちゃいますからね。


当時の観客の反応が観てみたいなーー。
爆笑だったのか、
引きつった笑いなのか、
シーーンとして心の中で笑っていたのか。。。

興味深いところだわ。



こぼれ話:
このお話の中にあるミュージカルナンバーで「マック ザ ナイフ」というのがあって、それは1888年にイギリスであった切り裂きジャックの事件(娼婦連続殺人事件)を全面的に織り込んだ歌だったのだ。切り裂きジャックってよーーく考えたらいろんなお話にモチーフとして使われてるよね。アメリカ映画にも時々出てくるし。で、一緒に行ったよしくんに「これって切り裂きジャックがモチーフなんでしょ?」指摘されたとき最初に浮かんだのはなぜか手塚治虫の漫画「ブラック•ジャック」。あの彼の顔がどーーんと頭の中に出て来ちゃって、もう少しで「ああ手塚治虫でしょ?」と大ぼけをかますとこだった。幸い思いとどまって、「切り裂きジャックって私実はよく知らないのよね。」と言えたけど。。。ふーーあぶないあぶない。こういうエピソード、私を知ってる人にはなじみ深いかも(笑)。
スポンサーサイト

▲[07:56:44] | イベント | コメント:6 | トラックバック:0 

コメント一覧

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/20 06:59:48 | | -

4分間のピアニスト
ジャックザリパーやね。ジャックはハイジャックや片目のとか代名詞やね。「4分間のピアニスト」見ました。ドイツ映画、女性2人の物語。老婆と殺人囚。才能あふれるゲスな女、その才能に嫉妬する善良な人達。ハリウッド映画とは違うラストは悲劇なのか喜劇なのか?

2007/11/21 14:05:59 | URL | タダシ

久しぶり~!
元気に頑張ってますか?ブログを見てると生き生きしている姿が感じられてこっちまで元気出ちゃうね☆でも、オーバーヒートに気をつけてねん(^_-)オペラなんて素敵だねー!まだ観たことないけど(高くて…)いつか観たいなぁ。

2007/11/24 14:55:04 | URL | 横浜の綾子


K-さん、
ほんと「ジャック」しかあってないよねーーあはは。こういうのってちゃぶ台ひっくり返して大爆笑!みたいな感覚に感じる。「こんな世の中やってられるかーー!わはははは!」みたいな。

タダシさん、
うわーーーめちゃめちゃそそる内容ですね!!冬休みにはいったらチェックしてみます!

綾子ちゃん、
きゃーーーー久しぶり!会いたいねーーー!オーバーヒートしまくりだよ。相変わらず。。。そうだねー日本で「オペラ」って聞くと高そうだけどこれは大学公演だからめっちゃ安かったよーー。一人$8!(約900円)うしし。

2007/11/26 17:18:15 | URL | YOKKO

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/12/02 07:01:46 | | -


A-chan,
いやーー今年帰らないのよーーー。近々ここに書こうと思っているのだけど。今度は夏に帰ることができたらいいなーと。そしたら絶対会おうね!!!

2007/12/04 22:48:36 | URL | YOKKO

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • スポンサーサイトThe Threepenny Opera ~三文オペラ~のトラックバックURLはこちら
  • http://eugeneyokko.blog32.fc2.com/tb.php/103-8ffeeb4a
カレンダー
07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー一覧
月別記事
リンク
サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。